霊視とチャネリングの関係は?

当たる霊視鑑定はここしかない!霊視占いサイトご紹介!

大人気霊視占い

占い

霊視とチャネリングの関係は?

霊視とよくペアのようになって出てくる言葉に「チャネリング」があります。

チャネリングとは簡単にいえば、「普通なら話すことができないような存在と話すこと」です。


話すことができないような存在とは何のことかというと、もう亡くなってしまっている人や神様、まだ地球人が接触したことのない宇宙人、守護霊、先祖などのことで、チャネリングを行う人=チャネラーによって情報をやりとりする相手は違います。



霊視能力のある人にはチャネリングができる人も多いです。

ですが、霊視ができなければチャネリングはできない、というわけでもありません。


チャネリングは鑑定者のようなプロフェッショナルな立場ではない一般の人でも、ある程度訓練次第でできるようになるといわれています。

また、霊視鑑定者のように、はっきりとビジョン化されたものをみることはできず「なんとなく」もしくは「オーラ」などエネルギーの形や状態程度なら感じることができる、くらいのレベルの能力者でも、チャネリングはできることも多いようです。



霊視では通常、過去、現在、未来、前世のビジョンを鑑定者が視ることによって得られた情報をもとに、相談者の抱えている悩みやトラブルを解決するための方法をアドバイスします。

そもそもこのビジョンが視えるという事象がチャネリングの一種といえなくもないのですが、そこは「すでに視えている」以上あまり問題にならないでしょう。



ただ、もしあなた自身が「自分の守護霊にきいてみたいことがある」「死んでしまった母の思いをききたい」といった願いを持っているのなら、霊視とチャネリングの両方ができる鑑定者を選ぶのも手です。

霊視は鑑定者自身が霊的な存在の力を借りて、神視点で物事を見渡すようなものですから、チャネリングをしなければ問題が解決しない、ということはまずないと思って大丈夫です



霊視を選ぶか霊視チャネリングを選ぶかはいってみれば好みの問題。

電話占いで霊視をしている鑑定者はオーディションで選ばれている実力者ばかりなので、霊視の能力はみな高いです。


しかし、あなたに伝える方法はあくまでも鑑定者自身の言葉ですから、どうしても相性は発生します。

波長の合う鑑定者になら、心の内をさらけ出しやすいということもあると思います。


霊視チャネリング、霊視カウンセリング、前世霊視、霊感霊視など名称は違っても、根幹は霊視能力であるということを頭にいれ、自分に合った鑑定者を選んでみてください。

QLOOKアクセス解析